FC2ブログ

kokageyaさんのworkshop

kokageya harunooka2

今日は安曇野市穂高にある、ドライフラワーと古道具の素敵なお店kokageyaさんにおじゃましてきました。
毎月ワークショップを開催されていて、今月はドーム状のリース「春の丘」でした。
参加者それぞれがピンクやブルー、ホワイト、グリーンなど出来上がりのカラーをイメージし
お花や木の実、葉っぱなどを選んで作りました。


kokageya workshop

私はコロンとまぁるい「クラスペディア」を使いたくてイエローのリースを制作!
どちらかといえばキュキュッとまとめるより、ワイルド&ナチュラルに
作ってしまう私。
今回も枝なども形を活かしてリースからニョキッと出してみたり
大きめの葉っぱを入れたりしてワイルドな感じに仕上がりました。
でも、元気いっぱい!のワイルドではなく、ドライフラワーならではの
少しあせたようなアンティークイエローが、何ともはかなげで愛おしくなります。


そして下の写真は前回のワークショップで制作した「キャンバスツリー」。

キャンバスツリー

木についている鳥の巣には卵がコロン!
ホワイトの花材や実を中心に、濃淡のグリーンを入れた
アッシュホワイトのツリーが完成。
太い幹の部分から物語が広がるように、ドラマチックに花材を組み合わせて
風が通るようなイメージで立体的に動きをつけるのがポイントとのことでした。


昨年の「安曇野スタイル」で初めてkokageyaさんを訪れ
オーナーの荒良木さんの作りだす作品の数々や、
ドライフラワーならではのアンティークな雰囲気と
厳選された古道具が合わさって醸し出す素敵な空間に一目惚れしました。

その出会いは私の中で、それまでのドライフラワーに対する世界観が
ひっくり返るほどの衝撃でした。
それがきっかけで、毎月のワークショップにおじゃまするようになりました。

普段はアーティフィシャルフラワーでリースなどを制作している私ですが
アーティフィにはないドライならではの魅力を知って、
花材に対する世界がぐんと広がったように思います。


さてさてワークショップ、参加するだけでなく「心花舎」のワークショップも
ぼちぼちと始動せねば・・・
道具や材料がそろい次第、始めていくといたしましょう。
もうしばらくお待ちくださいね。


スポンサーサイト