FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけはミモザ

IMG_6739_a_600.jpg

前回に続き、今回もミモザの話題です。

今でこそ、アーティフィシャルフラワーコーディネーターという肩書をいただき
アトリエ&スクール「心花舎」として活動している私なのですが、
実はほんの3年前まで、生け花やフラワーアレンジメントなど
お花の経験は全くありませんでした。

それなのに、なぜ突然お花を、しかも造花であるアーティフィシャルフラワー
始めようと思ったのか、
そのきっかけとなったのが「ミモザなんです。

IMG_9672_600.jpg

私事ですが、5年前に大切な人が天国へ旅立ち、生活も環境も一変しました。
息子であるフェレットのシナモン君が心の支えになり、
周りの人々に助けられながら1年くらいは悲しさ、辛さを感じていられない程、
色々な手続きなどに追われまくる生活でした。

そんなドタバタ生活も少しづつ片付いていき、寂しい中にも気持ちが少しホッとした時、
これからの自分の人生、どうやって生きていこうか・・・なんて考え始めました。

しなほー600

そんな時、近郊で開催している、樹脂で膜を張ってお花を組み立てる
「アメリカンフラワー(ディップアート)」のレッスンに参加し、
物作りや手作業に興味をもちました。
材料などを揃えようかなと思い始めた時、造花やドライフラワー、
ワイヤーやリボンなどの資材が揃う東京堂さんのショールームが
朝日村にあると聞き行ってみることに。



2月で信州はまだ雪で真っ白な冬の世界。
そして自分の心もまだ冬・・・
そこで目にしたのが、ショールームの入り口の企画展のスペースにディスプレイされていた
今の師匠であるアーティフィシャルフラワースクールcoco de class
大久保なおみ先生の作品たちでした。

春の明るいピンクやグリーン、イエローのお花を中心にしたアレンジの数々は、
ウットリするような何とも優しい色合わせで、
「これが本当に造花なの?こんな世界があったんだ!」と目が釘付けに。
中でもミモザを使った大きな大きなリースやアレンジのディスプレイは、
作品から光が溢れだしているように眩しくて眩しくて、
冬だった心が溶けていくような、すごいオーラを感じたんです。

そこにあったcoco de classのパンフレットを手にとり
「私、この先生に習わなきゃ!!」
もう運命のようなものを感じていました。

IMG_6739_b_600.jpg

そして東京のレッスンに月一回ペースで通い始めた私。
レッスンを重ねるごとにどんどん楽しくなり、作品展などでは
色合わせの奥深さに悩みながらも、自分が伝えたい世界をお花で
表現する楽しさを知りました。
こうして現在、心花舎として作家活動をしている私がいるのです。

♪あの日あの時あの場所で 君(ミモザ)に会えなかったら・・・♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。